過去の記事

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ブログパーツ

カテゴリー

オススメ商品 

バックナンバー



五城目朝市とは | 2008.05.27 Tuesday
五城目朝市


五城目朝市(ゴジョウメアサイチ)は県内で最も古い伝統を持ち、毎月「2・5・7・0」のつく日に、下タ町通りで朝8時頃から昼近くまで店が並びます。
地元産の野菜や山菜,八郎潟産の魚など,近郊からさまざまな品物が集まり,昔ながらの暮らしに密着した市の伝統を味わえます。

豊かな山の恵みを受けて育った山菜やキノコ。渓流で釣れたイワナやヤマメ・・・包丁や桶、ザル、衣類などの生活用品まで。暮らしに密着した市の伝統。



正月二日の初売りに始まり、福寿草の苗やフキノトウが春の息吹を伝えると、新緑と共に蕨(ワラビ)、ゼンマイなど多彩 な山菜が並びだします。そこに色鮮やかな野菜が加わりはじめて、8月は盆市。夏の鮮やかさが過ぎて、栗やキノコが顔を出し、大根や白菜など漬物の素材が増えるにつれて冬へ。そして正月用品の買い出しで大変なにぎわいとなる歳の市。

開催日
毎月2・5・7・0のつく日に開催
 ※ほか臨時市3回開催5月4日「祭市」・8月13日「盆市」・12月31日「歳の市」【秋田・五城目朝市カレンダー2008
開催時間
午前8時〜正午
開催場所
五城目町下タ町通り(通称:朝市通り)
イベント
山菜まつり(5月中旬)、市神祭(6月中旬)、「みずたたき」まつり(7月中旬)、きのこまつり(10月中旬)、あったか鍋まつり(2月中旬)




五百年の歴史が息づく

500年前、西暦1495年、馬場目の地頭・安東季宗が齊藤弥七郎に命じて、町村に「市神」をまつらせ、市を開いたのが始まりと伝えられています。その後、馬場目城が滅び、藤原内記秀盛が地頭として一円を納め、山よりの町村から谷口の砂沢城下にある五十目に市が移され、物と人がさらに集まり発展します。

江戸時代は、久保田と能代や槍山の中間、そして阿仁鉱山への物資補給の基地となり、市は流通 の拠点として栄え、さまざまな職人が集まり、農作業や生活に必要なものすべてがそろっていました。

戦後六斎市から、「2・5・7・0」の付く日に行われる十二斎市になりました。
市は、民衆のパワーにより、さまざまな時代のうねりをのりこえ今日も繁栄し続けています。

大きな地図で見る







【 関連する記事 】

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック